レディ

活性酸素の量を抑えるポリフェノールの力!

糖尿病のリスクを知る数値

サプリを飲むメンズ

ヘモグロビンa1cとは血液中の糖分と結合したヘモグロビンの量を示す数値を指す言葉です。これが高いと糖尿病のリスクがあります。健康維持のためには、運動や食事制限などを通じて数値を正常範囲内に保つことが重要となります。

詳しくはこちら

増えすぎにはご注意

夫婦

本当は体に必要なもの

活性酸素は、ある程度の量は身体に必要とされるもので、身体の中に入ってきた悪い細菌類を駆除する力を持っています。そのため身体の健康を守るためには大事な役割を担っています。しかし活性酸素は酸化させる力が強いということで、その量が多くなりすぎてしまうと、今度は体の中に必要となる細胞まで酸化させてしまうようになります。細胞を酸化させてしまうと老化が進行し、体力が落ちたり披露がなかなか取れない状態が続いたり、シワやたるみができてしまったりと、老けが進んでしまうようになります。老化の進行を抑制させるために活性酸素の量を維持させ、増えすぎを抑えなければなりません。活性酸素の量を抑える効果のある成分がポリフェノールという成分です。

アサイーで抑制

ポリフェノールには抗酸化作用効果があり、その力が活性酸素の増えすぎを抑制させる働きを行ないます。ポリフェノールが含まれるものとしてではいろいろありますが、主にベリー系のフルーツや紫色の食べ物などに含まれるといわれています。一時期ブームとなったフルーツにアサイーがあります。アサイーはブラジルで多く生産されており、そのブラジルでは「奇跡のフルーツ」と呼ばれるほどポリフェノールがたくさん含まれています。有名なモデルやスポーツ選手が摂取していることでも伝えられ、アサイーが人気を呼びました。今でもペースト状で販売されているものやドリンクとして売られているものなど、誰でも手軽に摂取できるようになってきています。

疲労回復にも効果

シジミ

健康食品などで話題とされるオルニチンは、肝臓の働きを助長する成分です。肝臓が休むことができないと疲労を感じるようになります。そのため疲労の回復にも大きな効果を持っています。また沈黙の臓器である肝臓の異常を未然に防ぐ効果もあります。

詳しくはこちら

症状が出始めたら

漢方薬

更年期障害は中高年の女性に多く見られます。症状が現れ始めたら市販の漢方を服用してみましょう。漢方は身体にかかる負担も少なく安全性の高い治療法です。人によって症状が違いますので専門機関で受診するのも方法のひとつです。

詳しくはこちら